タロットと象徴 〜愚者〜

2016年3月2日

愚者(0) 私たちのすべてがそこから出発するもの

タロットは一人の人生の旅を表しており、それはまぎれもないあなた自身の成長物語。

番号をもたない(0)放浪者、愚者を見ていきましょう。

愚者(The FOOL)は気ままに動く放浪者であり精力的であり不滅である。
タロットの中で最も強く、好き勝手に旅をして、時々悪ふざけをして秩序をかき乱しひっくり返す。

どこかで聞いたことのあるような動きをしていると思いませんか?

そう、時には邪魔者として、時にはピンチヒッターとして働くトランプのジョーカーそのもの。
その奇抜な存在は自由気ままに世界を移動する。
動きのあるとろを好み、何も動きがなければ何かを作り出す。

昔愚者は犬と同様に、王様の持ち物として考えられていました。
いつも犬と彼は一緒。
タロットでも何かを愚者に告げるように噛んでいます。

しかし彼は「本能的な側面」と非常に結びついており、「どこへ行く」といった目的を持ったり目指す必要は全くなく、本能の赴くままに導かれるのです。

愚者は「0」とか「22」などという数字は全く気にしない。
なぜなら絶え間なく動いている存在として、カードの間を動き回り、踊り巡り「始まり」と「終わり」を永久に結び付けているからである。

愚者は自分自身を混沌とした「無意識の世界」と秩序ある「意識の世界」との世界の間をつなぐ一つの架け橋を表す。

ユングのいう「トリックスター」の原型である。
神話や物語の中で、神や自然界の秩序を破り、物語を引っかき回すいたずら好きとして描かれる人物のこと。善と悪、破壊と生産、賢者と愚者など、全く異なる二面性を併せ持つのが特徴” wikipedia より

愚者を英雄をみるか、悪者とみるかはあなたの味方次第でいいのです。

遊び心や途方もないエネルギーで自由気ままに動き回り、ものごとに執着しない。

特定の目的を持たず、世界を絶え間なく放浪する、それが愚者なのです。

本当は自由のはずなのに、いつの間にか目に見えない「常識」(とよばれるもの)や世間体に縛られていませんか?
あなたはどうしたいですか?

もしかしたら自分自身が愚者として、もしくはトリックスターがあなたの世界を変えるために現れたかもしれませんね。

参考文献

✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡✿ฺ ♡✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡


毎週水曜日名古屋駅の「開運館サンロード店」で対面鑑定中。
お問い合わせ・ご予約は ☎︎052-569-5610

✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡✿ฺ ♡✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡ ✿ฺ ♡